2010年01月13日

<地震調査>家具固定せず、首都圏の4割強(毎日新聞)

 首都圏の住民の4割強が地震に備えた家具の固定を全くしていないことが、内閣府のアンケートで分かった。また、自宅の耐震補強工事を実施していない人は3割強だった。東海地震や首都直下地震など大地震の発生が懸念される中、家庭の対策が不十分な実態が浮かんだ。

 調査は昨年10〜11月、東京都と神奈川、千葉、埼玉3県に住む計1500人を対象に実施(回答率90.1%)。家具の種類別で固定していない割合が最も高いのは冷蔵庫で、9割強。固定しない理由は「面倒くさい」(4割弱)、「お金がかかる」(2割強)などが多く、借家に住む人は「自分だけで判断できない」が5割強に上った。

 また、近所の避難場所や避難経路は8割前後の人が知っていたが、防災マップは6割が知らなかった。

 一方、昨年8月の駿河湾を震源とする地震(最大震度6弱)で被害が比較的大きかった静岡県内6市(牧之原、御前崎、焼津、伊豆、静岡、菊川)の住民計1500人も調査(回答率59.1%)。固定していなかった家具のうち転倒などの被害があったのは1割で、固定していた場合の3倍以上となった。地震前の家具の固定率は6割強だった。

 内閣府は「首都圏と静岡県の家具固定率は全国的に見れば比較的高いが十分とは言えない」と話している。【福永方人】

【関連ニュース】
基幹的広域防災拠点:地震に弱い隣接地…東京湾岸の東扇島
森繁さん震災詩:書の作品に 教え子亡くした神戸の書家
阪神大震災:巨大モザイク画 防災の願い込め
震災予防協会:3月で活動休止 設立から69年、役割終え
防災:若者から思い募集…兵庫のNPO 震災15年迎え

小人村
スーパーマン
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
クレジットカード現金化
posted by フクシマ ケンジ at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

けが人10人に 横浜化学工場爆発で実況見分 高圧釜が爆発か (産経新聞)

 横浜市金沢区福浦の化学製品製造会社「日本カーリット」(東京)の横浜工場で7日夕、従業員らが負傷した爆発事故で、神奈川県警と消防は8日午前、現場の実況見分を始めた。損壊が激しい有機製造棟の高圧釜で爆発が起こったとみて調べている。県警は管理体制に問題があった可能性もあるとみて、業務上過失傷害容疑で関係者から事情を聴いている。

 県警によると、新たに従業員の男性2人がけがをしていたことが分かり、けが人はいずれも軽傷で計10人となった。

 県警などの調べによると、有機製造棟の製造室には高圧釜4台があり、有機物に水素ガスで圧力をかけて化学反応を起こし、液晶テレビなどに使われる材料を製造していた。

 同社によると、7日は通常通り午後4時45分ごろに操業を終了。爆発は約1時間後に発生した。

 7日夜に本社で記者会見した同社幹部は、「水素ガスが何らかの原因で爆発した可能性がある」と説明した。

【関連記事】
横浜の工場爆発 2年前にも事故、「安全管理は…」恐怖と怒り 
横浜市の工場爆発の軽傷者は8人に
横浜市金沢区の工場で爆発 以前にも死亡事故
横浜でビル火災、2人死亡 たばこの不始末か
潜伏ポーカーゲーム賭博店を摘発 横浜、客に僧侶も

IT業界探検記
e6cm7650のブログ
出会いランキング
クレジットカードのショッピング枠を現金化
クレジットカード現金化 比較
posted by フクシマ ケンジ at 00:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

上半身裸、パンツ姿の男性遺体…横浜駅前(読売新聞)

 5日午前2時15分頃、横浜市西区高島の国道1号で、「自分のタクシーの下で人が死んでいる」と、同市旭区のタクシー運転手(62)から110番があった。男性は頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認された。

 神奈川県警戸部署幹部によると、死亡したのは同市南区の男性(59)とみられ、事故直前、路上に横になっていたという。男性は上半身裸のパンツ姿。現場に架かる歩道橋上には、白い靴と紺色トレーナーが脱ぎ捨てられていた。このため、同署は、男性が歩道橋から転落した後、ひかれた可能性があるとみて、死因や身元を調べている。

 現場は横浜駅東口前の片側3車線の中央車線。

d28eu1dwのブログ
a4azzcxjのブログ
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化
競馬情報
posted by フクシマ ケンジ at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。